夜桜という言葉の対義語が、昼桜なのか分からないけれど

昼桜(ひるざくら)という響きが、なんとなく好きです。

だから、また桜の時期が来たとしたら、使おうと思います。

 

そのときまで覚えてるか分からないけれど。

 

明るいときに撮ると、敷地内の桜が一望できるので、いいですね。

あいにくの空模様で、背景が白いので、分かりづらいですが……

 

 

白とピンクのコントラストも素敵。

色んな品種の桜が集まっているので、めっちゃ楽しめます。

 

 

 

 

なんだか縦長写真が多めになっちゃうんですよね、桜って。

 

 

 

 

 

つぼみは濃いピンクなのに、花が白いって不思議ですよね。

なんでだろう? って思うのに、いつも調べないまま。

こういうとこがダメだな……と言いつつ、今回も調べてないけど(´・ω・`)

 

 

 

個人的に、超個人的に

こういう背景が程よく、ぼけている写真が好きです。

なんか雰囲気が出ているというか、味があるというか?

超個人的な感覚なので、理解していただけないかもしれませんが。。。

 

 

 

 

 

 

ちょっと背景が強い写真は、花の印象が薄くなっちゃうから

なんか嫌だな……とか考えてると、いいカメラが欲しくなるから困る。

 

 

 

造幣局という建物が多い場所での写真なので

背景にもれなく建物が入って来て、ちょっと気にくわない(失礼な奴である

 

 

 

 

 

満開の桜なんかは、寄りで撮っても、引きで撮っても

すごく綺麗に撮れるので、いいですよね。

 

 

 

 

 

花のない桜を見上げて、満開の日を想いたかったのに

見上げたら、桜が咲いていて、驚いた

という設定の写真。

 

 

どーでもいいっすね(笑)

 

 

 

 

奥の桜を引きで撮ったら、手前の桜の枝が右上と中央上に入って来て

これはこれで結構、気に入ってます。

 

 

 

桃みたいな桜。

桃は、あんまり見たことないけど

雛飾りの桃の花のイメージって、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げたら、そこに桜があるってのは幸せなことかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな上を見あげて、桜ばかりを見つめているけれど

舞い降りた桜の花びらに囲まれた、たんぽぽ。

 

 

 

 

桜も好きだけど、ボクはたんぽぽのほうが好きかな。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。