図書館大好き、プロのぼっちです。

図書館に飽き足らず、本がある場所はどこでも好き。

というか、文字が好きです。

何か書いてあると読んでしまうのは、病気みたいなもの。

病気と書くと、なんだか異常者みたいですけど

異常ではないとも言い切れない癖ですよね。

 

 

まぁ誰にだって、他の人にヘンだと言われる癖ありますよね?

と、開き直るのが変人です。

 

 

素敵なタイトルですよね。

ボクも晴れた日に図書館に行きます。

自転車で30分くらいで、図書館に着くので

サイクリングついでに、図書館。

図書館ついでに、サイクリング。

みたいな感覚で、サイクリング&図書館です。

 

 

この本も実は図書館で借りてきました。

だから、広島の人は図書館で借りれます(笑)

この本は文庫本コーナーに置いてありましたが、ほぼ児童書です。

 

主人公も小学生の子で、彼女の周りで謎が起きて、解決されていく

そんな短編をギュギュっと詰め込んだ一冊です。

 

 

最近、大人も子どもも忙しくて

小説なんて読む時間ないかもしれないけど

小説を読むのは大切だと教えてくれる一冊です。

 

というか、図書館には行った方がいいって感じる一冊。

 

ボクも小学生の頃、図書館や図書室に行っていて

また高校受験のときから、自習の場所として活用して

大学ではレポートを書くのに、足しげく通い

就職してからは自己啓発本や仕事論、小説を読み漁り

今も小説やら何やら読み漁る無職の身であります。

 

 

図書館は本を読む場所だと思われがちですが

本を読むだけじゃなくて、作家さんの展示やテーマ展示

広島で言うと、カープやサンフレッチェの展示もやってます。

難しい本だけでなくて、絵本も雑誌も豊富な図書館に

晴れた日は行ってみませんか……

 

 

雨の日も行ってみませんか?

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。