上から目線のタイトル失礼しました。

謝るくらいなら、最初からやらなければいいのに

人間というのは不思議なものです。

 

 

……なんだ、こいつは。

 

 

ボクは就職活動をしているときも簿記3級を取って

簿記2級の勉強をしている子がいました。

ボクも簿記くらい資格は取っていた方がいいかな?

と思って、少しだけ勉強したのですが

タイトルに「簡単な」「マンガで分かる」なんて書いてあっても

ちんぷんかんぷんで、何も分からないまま

ここまで生きてきたので、別になくてもいいんじゃね?

 

というアラサー無職という底辺からの意見ですが

 

今回は別に、簿記の勉強をしようと思ったわけではなく

乃木坂46の衛藤美彩さんが本を出しているのを知って

アイドル好きの気持ち悪いオジサンが興味を持っただけです。

 

 

複式簿記のないパラレルワールドに迷い込んだ彼女が

その世界で、複式簿記をたどたどしくも伝えていくお話です。

 

 

ボクは簿記の知識も何も、ほとんどがない状態で

衛藤さんの名前だけで借りたことを少し後悔ました(´・ω・`)

しかし、シナリオのような書き方がしてあり

一つの作品を読んでいる感覚で読み進めながら

簿記を基礎から少しずつ理解していけるようになってます。

 

 

普通に勉強するより、効果的じゃない?

 

 

もちろんアイドルが嫌いな方もいる方と思いますが

衛藤さんが出てくるからといって、衛藤さんに固執する必要はなくて

たとえば好きな人に名前を置き換えても、面白いかと思います。

 

感情移入したほうが勉強も はかどるはず!

 

ちょっと悲しいラストになったのが残念でしたが

簿記の勉強には効果的な一冊だと感じました。

 

 

物語的には、ラストの強引さは、好きじゃないけど←

 

 

ちょっとネタバレになるかもですが、大分の焼酎は二階堂だそうです。

もちろん、お酒は20歳になってから、ですけどね?

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。