ちゅーことで、白浜旅行第3弾。

更新スピードが遅すぎて、旅行に行ってから10日間も経ちましたが

あのときの美味しさをボクは忘れない。

 

 

クエ料理を頼んだら、個室に通されました。

なんだかVIP感が半端ないです(/・ω・)/

 

 

食前酒の梅酒が結構、濃いめだったので

お酒に弱いボクは、半分くらい飲んだ時点で、お酒がまわるのを実感しました。

さすが和歌山、梅が有名なだけあって、飲みやすくスッキリとしたお酒でした。

(食前酒なのに、食事の中盤までちびちび飲んでしまいましたが

先付も、お酒のあてに美味しいイカの塩辛(味濃いめ)、かぼちゃとチーズのムースなど

オシャレな雰囲気で出てきます。

 

 

さすが梅の名産地、梅酒の種類が豊富でした(*’ω’*)

3品飲み比べを頼むと、こんなオシャレな感じで運ばれてきます。

手前がハチミツ梅酒、左がにごり梅酒、奥に見えるのが泡盛梅酒です。

 

うちの妹が、泡盛が好きなんだよなぁ……。

(ボクはめっきり酒に弱いけど、妹は結構な酒豪ですw)

 

 

 

そんなこんなで、たいそうな茶碗が運ばれてきました。

後方にチラリと美味しそうなものが見えますが、後で紹介します。

 

 

 

最初っから、お米が出てきます。

 

 

中から鯛( ゚Д゚)

 

 

 

 

そして……

鍋があらわれた!

 

 

 

 

クエがあらわれた!

クエがこちらを見ている、仲間になりたいようだ。

 

 

 

そんなことは無視して、鍋に投げ入れてやったぜ。

ワイルドだろ~(ドヤ

(さりげなく古いネタを入れてきやがります)

 

 

 

 

クエの薄造り

 

 

 

クエの握り。

 

 

 

超クエ尽くし、至福の時間。

 

 

 

からの牛肉登場。

ボリュームたっぷりじゃないですか?

 

 

 

 

 

またも、謎の器があらわれた!

アラサーな上に、引きこもり生活が長い少食のボクんは

そろそろ限界が近づいていますが

 

フカヒレ!

変わり茶碗蒸しということで

フカヒレの入った、だしが効いた大根のジュレが茶碗蒸し。

上に飾られたアラレもサクサクして、美味しーい。

 

ちなみに、ジュレの下は普通の茶碗蒸しです。

 

 

 

サッパリして、終わりかなーと思っていたら

 

揚げ物がやってきました←

 

クエ尽くし最終章。

 

 

クエのからあげ!

 

 

 

 

 

そして、締めのクエのだし茶漬け。

 

 

 

 

 

デザートまで、しっかりいただき満腹になったので

食後に温泉に入る予定が、眠気に負けて、寝てしまいました(´・ω・`)

 

 

 

満足、満足(*’ω’*)

 

 

 

ちなみに、今回宿泊したのは、こちらのお宿です。

温泉ヨシ、料理ヨシ、お部屋ヨシ、景色ヨシの最高な宿でした。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。