先週末、和歌山県の白浜温泉に行ってきました。

「われは海の子、白浜の~」と歌ったら

「白波の、じゃない?」と、訂正されました。

たまに、衝撃的なボケをかますプロのぼっちです。

 

 

ということで、みんな大好き水族館に行きました。

 

 

東京で水族館に行くと、2000円近く掛かるのがデフォルトなんですが

ここだと、大人が600円、子どもに至っては200円という安さです。

 

 

 

こんなクイズも準備してあって、子どもと一緒に楽しめるようにもなっています。

ボクが行った日も、ボクら以外は小さい子連れの家族ばかりでした。

(ちなみに、ボクは一人でガチで問題を解きましたが……最後だけ分からず。。。)

 

 

 

美味しそうな伊勢海老がところ狭しとうごめく水槽の中でも

特に存在感のある青い体の大きめの伊勢海老。

美味しそうだよね、という話だけしました( ゚Д゚)

 

 

 

こちらも美味しそうタカアシガニさんです。

すべての水槽に、普通の水族館よりも詳しい説明がついています。

 

 

 

終始、取り組みを行っていたタカアシガニさんたち。

 

 

続きままして、ウニ。

ムラサキウニ、バフンウニなんかは有名ですけど、ウニにもこんあに種類がいるんですね(; ・`д・´)

……美味しそう(笑)

 

この説明を見ながら、水槽の中のウニを探すのも楽しめます。

 

 

ちなみに、ウニさんたち食事中で、エビをムシャムシャしています。

隣にいた家族連れのおばあちゃまが「気持ち悪い」を連呼していて、萎えました。

 

 

ウニの中に1匹だけ投入された、このお魚さん(名前忘れちまいましたが)は

水槽の中の汚れを綺麗にしてくれる魚で、すべての水槽の中にいて

水中に、ふわふわ浮いたものをモグモグ食べていました。

……ぼっち感が半端ないんですけどw

 

 

ヒトデも星型が一般的に知られているイメージが強いですが

ひも状やマンジュウ型のヒトデもいるんですね。

しかも、種類も豊富でございます。

それにしても、マンジュウかわいいな。

 

 

 

 

ヒトデなのか、岩なのか?

 

 

ヒトデって、吸盤がついていて、壁に貼り付けるんですね……。

タコみたい。

 

 

 

 

美味しそうなエビですが……

 

 

 

 

近くで見ると、怖くないですか?

 

 

足の動きがムカデっぽくて、虫嫌いの妹が悲鳴を上げていました。

ボクは動きが面白くて、必死な感じが可愛らしいと思ったんですが

まぁ個人差があります。

 

 

一番好きなのはクラゲ。

あの透明感と、流されていく姿が、とても綺麗で、好きです。

小学生のとき、修学旅行で訪れた海岸で

波打ち際に打ち上げられたクラゲの死骸を触って、投げてから

あの儚さと、なんともいえない触り心地が忘れられない。

 

 

 

水族館に行ったのに

ここまで魚の写真がほぼゼロという現実に

ボクは気づいてしまった

 

 

 

ということで、ぶれっぶれですがクマノミです。

カクレクマノミじゃないので、ニモではありません。

ちょっと色合いも違うくない?

 

 

分かりづらいけど、右下の方に見えるのが、ウツボです。

嫌われやすいけど、ボクはウツボ好きです……美味しいらしいし←

 

 

 

この魚、出っ歯なんですよ。

性格には出っ歯じゃないかもしれないけど、出っ歯に見える魚なんですよ。

 

 

 

ということで、動画も撮ってきました。

 

 

やっぱり動きがあるものは、動画で撮らないとブレちゃってダメですね(´・ω・`)

 

 

オマケ

「恋ダンス」ならぬ「カニダンス」

 

 

春休みの最後の思い出にいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。