自分の親が会社員だったら、ボクらは会社員になるだろうし

自分の親が芸能人だったら、芸能人になるだろうし

周りに会社勤めしてる人ばかりであれば、それが普通だし

だから、今の日本人たちは高校なり、大学なりを卒業したら

就職活動を必死にして、縁のあった会社に入社して

そこで必死に生き抜こうとしていく。

 

 

それが正解なのか、不正解なのか分からない。

だけど、ここ数年、多くの選択肢がボクたちの前に提示された気がする。

しかし、それを知っている人、知らない人がいて

受け入れることのできる人間も、受け入れられずに批判する人間もいる。

今の団塊世代は、終身雇用というシステムで会社に守られてきたけど

ボクたちから下の世代(今の20代)は会社に裏切られてきた。

 

裏切られてきた、というのは表現が悪いかもしれないけれど

どんどんと、社会のシステムが崩壊し始めてきたのかもしれない。

 

 

だから、新しい生き方を模索してみようと

この本を手にとった次第です。

表紙の写真も綺麗だし(*’ω’*)

 

 

何度かブログやTwitterやnoteで書いているんだけど

ボクは今年ワーキングホリデーでカナダに行く予定です。

6月下旬(30歳の誕生日である6月24日まで)には渡航したいのだけど

まだビザが下りてないので、ちょっと不安な感じでいます。

まぁビザが下りなかったとしても、フィジー留学でもします。

 

ボクは元々旅行に行くのが好きといいますか

知らない場所に行くのが好きで

何度も行った場所に行くのは嫌いで

東京に行ったときも、なんかよく分かんない駅で降りたり

電車に乗らずに、自由気ままに歩いたり

よく迷子になって、約束に遅れそうになります(迷惑

 

そういえば以前、千葉(船橋)に住んでいたときは

日暮里や浅草の方まで、自転車で行きました。

(たぶん1日で50キロくらい走りました、ママチャリでw)

帰りは、結構しんどかったんですが

まぁいい体験になったかなーと勝手に思っています。

 

 

4月は出会いと別れの時期ですが

別れを悲しみ、悲嘆するくらいなら

外に出て、思い切り走った方が絶対に楽しい。

走るのが嫌なら、散歩すればいい。

 

周りをながめながら、歩いてみたら

今までに気づかなかったことに、ボクたちは気づけるかもしれない。

 

 

ということで、雨もやんだし、ボクも外に出てきます。

無職だと引きこもりがちだけど

天気のいい日は自転車で、目的地も決めずに走るのもいい。

 

 

またも本の内容には、ほとんど触れていませんが

この本を読んだら、常識なんて吹っ飛びます。

日常に疲れている人は、是非、読んでみてください。

 

旅行に行けなくたって、仕事終わりに散歩はできる。

散歩が出来なくたって、動画で旅行気分を味わえる。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。