死にたくなるしょうもない日々が

死にたくなるくらいしょうもなくて

死ぬほど死にたくない日々

 

完全にタイトルにひかれて買いました。

タイトル買い多いんですよねー。

フハハ( *´艸`)

 

 

 

タイトルに「死」って言葉を4回も使ってるのに

ちゃんと読んでみると結局

死にたくない

という結論に至る斬新なタイトル。

 

死ぬほど死にたくない

って、どんだけ死にたくないんだ(/・ω・)/

 

 

タイトルだけで相当、圧倒されるわけですが

中身を見たら、異世界に連れていかれます。

 

 

オムニバス形式で、超短編から、ちょっと長目まで

様々な作品が詰め込まれてますが

世界観が独特すぎて、置いていかれる感じが半端ないです。

 

途中で、自分を見失うレベルです。

引き込まれます。

理解できなくて、何度も読み返してしまいます。

何度も読み返しても、理解できなくて

自分がどれだけ固定概念にとらわれてるかに気づくような

そんな漫画です。

 

 

 

 

 

もちろん続けて、2巻も読みました。

 

作者の阿部共実さんが気になりすぎて

過去作品を探して、一気に読んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

短編の続編がギュギュっと詰まってる作品。

完結済みです。

 

 

 

こちらは短編集で、1巻完結。

タイトルから文字列が崩壊してる気がががががが⊂⌒~⊃。Д。)⊃

 

 

 

 

個人的に、好きだったのはコレですかねー。

というか、これが一番、置いていかれる感じがなくて

普通に近いけど

それでも、阿部共実さんワールドを楽しんでもらえるので

最初に読むのに、オススメ!

 

 

ボクは他の作品を読んだ後に読んだので

「普通の女子高生が騒いでるマンガ」くらいの印象でしたがw

 

 

正直、この作品。

表紙にいる頭のねじが抜けている主人公のちーちゃんよりも

背表紙に載っている(むしろ浮いている)ナツのほうが怖いです。

 

女の子って怖いんだなぁ……。

ホント怖いんだなぁ。

 

 

   


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。